新着情報

第1弾|鼓童オールスタースペシャルライブ ! 発表

今年は「佐渡から世界と繋がる」をテーマに、無観客・オンライン配信による新しい形のアース・セレブレーションを開催します!

メインライブ配信は鼓童オールスタースペシャルライブ !

日時
2020年8月23日(日)17:00〜18:30(予定)
出演
鼓童オールスターズ(総勢35名)
演出
石塚充(鼓童)

その他、様々な配信・参加型のプログラムを計画中です。第2弾発表は6月20日(土)頃を予定しています。どうぞお楽しみに !

アース・セレブレーション2020〜世界と繋がる

総合プロデューサー 菅野敦司

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況の中で、今年のアース・セレブレーション(EC)をどのような形で実施し、何を目指すかを考えてきました。

その過程で、35年前にECを構想したハンチョウ(故河内敏夫・鼓童初代代表)と、これから生み出そうとするフェスティバルのタイトルを紡ぎ出した時の、“EARTH(地球)“という単語に、「E=Environment(自然・環境)とH=Human(人間)をART(芸術・技)が繋ぐ」という意味を込めたことについて、あらためて思いを巡らせました。

そして今、自然の一部であるCOVID-19と人間の共存が求められる時代において、芸術はどのような可能性を持ち、どんな技が必要とされるのか。

これまでのECでは会場周辺の環境の制約等もあり、インターネットでの発信は限定的なものでしたが、EC2020では通信テクノロジーという「技」を最大限に活用して開催いたします。

演奏や体験をお届けし、「芸術」を双方向に楽しみ、交流の場を生み出すことを模索し挑戦していきたいと思います。

ECという「祝祭の庭」は年に一度、佐渡島に出現するコミュニティーだと感じています。鼓童村の開村とともに始まったこの祝祭。

ハンチョウは、“COMMUNITY(共同体)“という単語は、Communication(交わり)とUnity(結束)が組み合わさった言葉だと、鼓童村を構想する中でよく語っていました。

今年のECは「佐渡から世界と繋がる」をテーマに、一人一人の皆さんと、様々な形でのコミュニケーションを通して繋がりを深め、今だからこそ実現できるECならではのコミュニティーを一緒に生み出していきたいと思っています。

- アース・セレブレーション 総合プロデューサー 菅野 敦司